石川能登地震で被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます

茨通研としても募金活動をしています。10月まで受け付けのでみなさまのご協力をお願いします。


お知らせ

茨通研のつどい(カニのつどい)を開催します

8/4(日)日立シビックセンター

9:30~受付 10:00~16:00

7つの分科会で意見交換、学習、交流をしましょう

詳細はチラシをご覧ください

たくさんのご参加をお待ちしています(^^)/

ダウンロード
かにのつどいチラシ表面
カニの集いチラシ2024表面.pdf
PDFファイル 353.3 KB
ダウンロード
カニのつどいチラシ裏面
2024年つどいチラシ裏面.pdf
PDFファイル 106.5 KB

めだかの学校とあひるの学校開催します

8/24(土)

10:00~12:00 あひるの学校 ひたちなか市総合福祉センター

10:00~12:00 めだかの学校 久慈川日立南交流センター(予定)

今後の学校シリーズ開催については「行事・企画 これからの行事」に掲載しています

 お仲間誘ってご参加ください

ダウンロード
めだかの学校8.24.pdf
PDFファイル 246.8 KB
ダウンロード
あひるの学校8.24.pdf
PDFファイル 233.4 KB

健康班でグッズを作製しました(^-^)

やすらぎにて販売中です

学校シリーズのときに実物をご覧になれます

専門部 健康班 をご覧ください(^^)


茨通研会員のみなさまへ

会員のページを見るためにはパスワードが必要です。

7月号の会報で新しいパスワードをお知らせします。

 7/10にお知らせしたパスワードですが、諸事情により7/11に変更しました。

事務局から送られるメールをご覧ください。

 

茨通研は7月号の会報からメール配信となります。

届いたメールをぜひチェックしてくださいね。

 お見逃し無いように(^_-)


全通研のHPを見ていますか?

行事や学習会の案内はもちろん、いろいろな会議や研修会の報告など情報が得られます。

また、2024年度は全通研50周年を迎えます。


☆新着情報☆

■あなたも茨通研(いばつうけん)に参加しませんか?!

 茨城県手話通訳問題研究会(茨通研)は、手話通訳のことや聞こえない人々に関わる事を、

ともに考え、行動し、学びあう集まりです。


■茨通研(いばつうけん)とは?

●茨通研(いばつうけん)とは?
茨城県手話通訳問題研究会」の略称です。
 茨通研は「一般社団法人 全国手話通訳問題研究会(全通研)」の都道府県支部のひとつです。


ダウンロード
茨通研へようこそチラシ
茨通研へようこそ2024.pdf
PDFファイル 230.3 KB
ダウンロード
茨通研入会申込書
入会申込書2024.pdf
PDFファイル 219.0 KB

●どんな目的ですか?
  手話や手話通訳のこと、聞こえない人々にかかわることを、
  共に学び、共に考え、そして共に行動する集まりです。

 

●だれでも参加できますか?

  手話学習者、登録手話通訳者、手話通訳士、だれでも参加できます。
  会員になれるのは茨城県内にお住まいの聴者です。

 

●どんな活動をしているのですか?

 ◎全国の主な行事
   全国手話通訳問題研究集会・・・・毎年夏に開催
   全通研WEBアカデミー・・・障害者福祉や手話技術などを学ぶための講座

   健康普及員研修会、健康フォーラム

   NーAction


 ◎関東の主な行事
   関東手話通訳問題研究討論集会・・・毎年秋に開催


 ◎茨通研の主な行事

   茨通研のつどい(カニのつどい)
   古き良き手話を視る会・・・ろう者を講演者に迎えてお話いただきます

   防災学習会

   学校シリーズ
   専門班による健康問題や医療問題に関する学習会など

会費はいくらですか?
  ・正会員 年会費10,000円

  ・家族会員(同居の家族のみ)2人目より8,000円

  ※茨通研会費を払うと自動的に「全国手話通訳問題研究会」の会員となります。

 

  ・準会員(希望者のみ)年会費3、500円

   ※茨通研の活動に限定。全通研や関通研の活動には参加できない。

    また、茨通研の会報は購読できるが、研究誌を含む全通研の発刊物は受領できない。

    ☆購読会員……聴覚障害者限定

    ☆学生会員……学生限定

    ☆シニア会員……65歳以上に限定

    

  茨通研会費は、イベントや学習、全国の手話学習者・手話通訳者の様々な活動に使われます。

 

●「茨通研」会員になると・・・

  全通研の会員証がもらえます。
  茨通研から「茨通研会報 WA!!(毎月1回発行)」が届きます。
  全通研からは「研究誌(年4回発行)」と会報が届きます。